記事詳細

ピックアップ情報 第7弾

 ブルックリンは、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にあり、歴史的建造物も多い工業地帯。ブルックリンスタイルは、そこで普通に見られる街並みや暮らしそのものをいう。
 日本でも、セレクトショップやカフェなどに取り入れられ、大人っぽいビンテージ感ある雰囲気がとても人気があります。そのお洒落な感覚が、近年、住宅にも取り入れられ独自のスタイルとして人気が高まってきました。また住宅だけではなく、インテリアや家具、ラグマットやカーテンなどの布類、照明、テーブル、椅子、キッチン用品など、幅広いグッズがあり、住宅との統一性も図れています。さらに、ファッションにもブルックリンスタイルがあり、若い年齢層だけではなく、30代〜50代の方にもとても人気のあるスタイルとして注目されています。
 東北を中心に店舗や住宅のリノベーションに定評があり、株式会社判佝納劼ら創刊されているアメリカンカルチャーをコンセプトとした人気雑誌「lightning」でも紹介されている有限会社櫻本塗装店 櫻一styleの社長 櫻本真一さんを訪ねてみました。


ブルックリンスタイルとは
毎年、海外に学びに出掛けるという櫻本さん
――ブルックリンスタイルとの出会い

 毎年、海外にデザインやリノベーションのヒントになるものを学びに出かけていますが、2013年、当時人気のあったインダストリアルという無機質な工業系デザインを、現地へ学びに行きました。そこで出会ったのが、ニューヨークはブルックリン地方の、いわゆるブルックリンスタイルです。煉瓦を積み重ねた家々の街並み、皮のソファに、脚のアイアンがむき出しのテーブルや椅子…それらに胸を躍らされたことを思い出します。


人気の背景
――人気の背景は

 これまで、住宅の主導権は、奥さん側にありましたので、どちらかというと可愛い系がもてはやされていましたが、最近は、旦那さんの意見も取り入れて、可愛いからカッコいい系に移行してきているようです。どちらかというと武骨で男性的な感じと、スタイリッシュな面を持つブルックリンスタイルがカフェスタイルとして人気が出てきて取り入れられるようになってきたようです。



違和感のない違和感を
──住宅イノベーションとして

 もちろん、新築のオーダーも承っていますが、工務店と違ってリノベーションを得意としています。お客様の予算に合わせてどれだけイメージに近づけるかが自分の最大の武器です。住宅は、その街並みに溶け込むことも重要で、新しさではなく、昔からあるものはさらに昔からあるように、さりげなくビンテージ感を出す「違和感のない違和感」を追求しています。特にモルタル造形を得意としており、雑貨やインテリアなども手作りすることで生み出せると思っています。

NYブルックリンスタイルにリノベーションされた家
──機能性とスタイル

 スタイル重視といっても、機能性は最低限保たれています。土地や風土に合わせた材料や塗装などを選ぶので耐久などに問題はありません。
 欧米の人は、非常にモノを大事にします。それは、家でも同じで、建て替えをしません。ブルックリンスタイルを求めた人は、そのままを大事に維持する傾向にあるようです。そのため、お洒落だけを追求して、機能が不十分であるのは不親切だと考えています。


ブルックリンスタイルの可能性
インテリアとの整合性
──インテリアとの整合性

 外装、内装だけでなくインテリアもこだわる場合は、既存のドアを鉄ドア風にアレンジしたり、配管や柱をあえて内装に溶け込ませる仕掛けや、塗装を繰り返すことで、重さを演出したりすることも可能です。ブルックリンスタイルにみられる木と鉄はとても相性がいいので、手作りの家具を作るのもいいかもしれません。
また、床材の張替は厚さ6个鳩茲泙辰討い襪里任垢、既製品ではデザインが選べないという欠点があります。そこで、その厚さのコンパネ材を加工し、手づくりするという手段もできるわけです。

まだまだ人気は伸びるか
――まだまだ人気は伸びるか

 正直、好き嫌いがハッキリするスタイルです。カッコいいという人と汚いとみる人もいます。よって急激に人気が出たというよりは、このスタイルを取り入れる人が増えてきたと言うほうが正しいでしょう。住宅スタイルの流行はやはり変わっていきますので、人気が続いていくとは言い切れません。ただ、ニューヨークのブルックリンという地方にこのスタイルが息づいているように、なくなったりするものではないでしょう。



最後に

 お洒落&ビンテージ感が男前を演出できる暮らしにあこがれてしまうほど、質感豊かで落ち着いた佇まいは魅力的に感じます。カフェで落ち着いていられるのも居心地のよさの表れなのかもしれません。
 より自分らしさを、上質なスタイルの中での暮らしを、など求める方はぜひ検討の参考としてください。



[取材協力]
有限会社櫻本塗装店 櫻一style
宮城県 仙台市 若林区 霞目 2丁目18-5
櫻本真一
http://www.sakura-1-style.com/
平成28年10月取材

[その他]

やまぎん住宅応援くらぶ事務局

「やまぎん住宅応援くらぶ」でマイホームの夢はじめよう! 新築・建替え・リフォーム..

  • 個人会員のお申込み
bg-carendar.png

1
2
3
4
5
6
7
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
pick up info
2017年05月30日

ピックアップ情報 第8弾

 山形県産木材を使った住宅建築を促進するため、山形県がローン金利の一部を補助する「山形の家づくり利子補給制度」で、2017年4月から新たに、中古住宅の購入が補助対象に加わりました。 ...more

本サイトに掲載されている住宅関連情報については、各住宅関連業者が発信するものであり、その内容等について当行は一切の責任を負いません。
また住宅関連業者が掲載している住宅ローンに関する情報は、当行で取り扱っている住宅ローンではない場合がございます。
トップへ

Copyright© The Yamagata Bank.Ltd. All Rights Reserved.